1人1台だからなのか

携帯電話税と呼ばれる種類の課税方式の検討が始まり、一部では衝撃が走りました。生活必需品となって1人1台以上の普及になっているほど便利な存在ですが、課税をされることになってしまってはたまらないと感じることでしょう。1人1台が当たり前の時代となり、不公平感は無いと考える層もありますが、取り易い所から税を取ろうというその考え方に批判が集まっています。 携帯電話の普及は非常に早く、社会の仕組みを変えてしまうほど衝撃的なものでした。現在のスマートフォンには単なる電話端末としての機能だけではなく、パソコンと変わらない性能を活かして実に様々な機能を果たす多目的な端末として将来的な発展にも期待されています。そのような発展を阻害する役割を果たしかねない課税の考え方は非常に惜しいものであると言えるでしょう。課税の目的と、その税金の使い道を全国民が納得のいくように説明することが政治家の今後の義務であると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Copyright (C) 2015 時代の変化か「携帯に税が」 All Rights Reserved.