危険回避のためが税金も

携帯電話にも税金をかけようという動きが進んでいることが報道され、大きな波紋を呼びました。現代社会の生活必需品とも呼べる携帯電話には、現在においても一人一台以上の普及を見せている非常に広く利用されているツールです。携帯電話という名前で呼ばれていますが、現実的には極めて多様なサービスが展開されており、子供の危険回避のために持たせる親もいるほどです。携帯各社は携帯電話が持つGPS機能を有効利用し、今子供がどこにいるのかを把握することができるサービスを提供しています。この様な危険回避のためのシステムは広く評価され、導入されるようになってきています。この様に現在では携帯電話としての機能以外の部分で普及すべき良い機能が沢山あります。これらを利用するために税金が必要になるということは、普及の足かせになることは間違いないでしょう。課税するのであれば何を理由に何に使うのかを明確にし、これらを上回る意味を政府は説明する義務があると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Copyright (C) 2015 時代の変化か「携帯に税が」 All Rights Reserved.