大手会社は情報を提供するのか

現代社会では、ほとんどの人々がスマートフォンやフューチャーフォンなどの携帯電話を所有して使っています。 その為、国では、新しい税の対象として携帯電話を含めるか検討を行っています。 もし、携帯電話の利用料金に税金が掛かるようになりますと、消費税のような形になると考えられています。 また、大手会社が情報を国に提供するのかということですが、消費税のようにキャリアが新税を支払うということが考えられますので、利用料金に新税を加算して徴収するスタイルとなる可能性が高く、大手会社による情報提供は無いでしょう。 つまり、給料から社会保険料が天引きされるのと同じで、携帯電話料金に新税を加算することで天引きされる形になっていきます。 ほぼ国民が使っている携帯電話に税金を掛けることで、消費税と同様の国の収入となり、様々な部分で予算編成がしやすくなります。 しかし、消費税の増税から見られるように、携帯電話に税金を掛けますと、国民の生活に負担が生じますので、まだ具体的な内容は決まっていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Copyright (C) 2015 時代の変化か「携帯に税が」 All Rights Reserved.