時代の変化か「携帯に税が」

携帯電話が普及を始めてから10年余りが経過しようとしています。現代社会においては高齢者を含み、非常に多くの人が携帯電話お活用する社会が構成されるようになってきました。

従来型の携帯電話からスマートフォンが普及するようになり、現在では単なる電話用の端末としてだけの機能ではなく、極めて多目的な用途で活用することができるコンピューター端末として様々な応用が検討されています。

パンフレット作成から多彩なバリエーションも
http://www.seven-brooks.com
企業単位・店舗単位に必要なコミュニケーションツールの制作を

この様な携帯電話に課税をするという考え方が政府にあることが判明して多きは波紋を呼ぶことになりました。携帯への課税は普及が大きく進み一人一台が当たり前の時代になったということもあり検討されるようになってきたのかもしれませんが、課税対象になることで今後の発展が阻害されてしまうことへの懸念や、消費税との二重増税など様々な問題を孕んでいる難しいテーマであると考えられています。

何よりも何を目的とした課税であり、どのような効果を期待しているのか。そしてこの様にして得た税金で何をしたいのかという点について国民の納得が得られる内容で説明をしていくことが政府に求められるテーマであると言えるでしょう。

レンタル携帯を利用するなら「モバレン」080080.jp
http://080080.jp/
通信機器レンタルや24時間対応のサポートが便利

携帯電話、特にスマートフォンは携帯するパソコンとも言える様な非常に便利な携帯端末であり、既に単なる電話機としての枠を超えた大きな付加価値を持つ道具になってきました。今後の発展はその多様性を基盤にしたものであり、様々な可能性を持っているのです。その様な発展を阻害するような内容であっては全国民にとっての損益になることは間違いないでしょう。

今後は高齢者や子供にに所有してもらうことでGPS機能を活用した見守り機能や、医療機器との連携による健康管理機能等、スマートフォンの多機能性を活用した様々な展開が期待されています。そのためこれらの普及を阻害する様な課税制度は国民の利益にはならないということが出来ます。

ISO27001取得・更新はワークストラスト
https://www.iso27001-isms.com/
取得できるまで徹底サポートいたします

現在スマートフォンの通信料金は非常に高いものであり、普及率は高いものではありません。しかし複数の業者の激しい競争によって徐々にサービスの質が高く、安いものへと変化し始めています。この流れを今後も継続するためにもコストが高くなるという仕組みを導入することが果たして大多数へのメリットになるのかどうかを入念に検討することが必要とされるでしょう。

単に普及しており税金が取りやすいからという理由での課税であれば今後受けることのできるメリットを大幅に奪ってしまうことになるということを理解しなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Copyright (C) 2015 時代の変化か「携帯に税が」 All Rights Reserved.